街からの部屋探し

今までは物件の条件からの部屋探しについてお話してきましたが、どの街に住みたいかという選び方もあります。まず23区、特に都心部は政治にビジネスと東京の中心部です。しかしその一方で自然もあり、静かな場所でもあります。家賃はとても張りますが職場からの近さを重視するのであればよい場所です。23区東部は下町情緒が色濃く残る街が多く、下町の雰囲気が好きな人にはたまらない地区です。またアクセスもとても良いところになります。場所によって距離は離れますがお手軽な物件もあります。

次に23区西部ですが、台地であるために坂が多いという点がありますが、新宿や渋谷へのアクセスは抜群です。そして全体的に閑静な住宅街が広がっています。下北沢など人気のスポットもある地域です。また、高級住宅街もあります。

23区外の多摩地区は西側の地区です。自然が多く、自然と都市のバランスがいいことで人気の地区です。大きな公園がいくつかあり、落ち着いた街です。電車の駅が遠いことがありますが、三鷹や吉祥寺付近では代わりにバスによる交通網が発達しているので心配はいりません。

地区それぞれに特徴があり、利点があります。何を最重要視するかをしっかり決めて部屋探しをしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

周辺環境

室内だけでなく物件周辺の環境も重要です。騒音やにおいの状態や、通勤、通学の際使用するであろう駅まで実際に歩いて測ってみるのも感覚がわかっていいようです。更にその物件がなんの沿線の近くにあるかでも交通の利便性は変わってきます。そしてその電車の通勤時の混雑状態や始発、終電を調べることでも利便性を測ることができます。

インターネットまた、生活するのに必要な役所や郵便局、病院や商店街やショッピングモールまでの充実度や距離も知ることが重要です。商店街やショッピングモールは営業時間や物価もチェックするといいです。更にさまざまな種類のお店がたくさん並び、活気があれば便利な商店街といえます。

更にその街の雰囲気を確認することで自分に合うかどうかがわかります。可能な限り実際に見て回るのがよいのですが、インターネットでは散歩しながら街の写真を撮り、それを紹介しているサイトがあるのでそこで雰囲気を掴むのも一つの手です。不動産店には周辺地域を紹介している冊子が置いてあることがあるのでそれを見ることや長くその街を見ている不動産店のスタッフに聞くという手もあります。人気のある街というものがありますが、人気が集まるのは利便性がよいなどやはり理由があります。そしてそういう町はどうしても価格が高くなってしまいます。利便性と価格、どちらを選ぶかも考えなくてはなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

室内のチェックポイント

部屋探し部屋探しの際はまず不動産店やネットで見取り図を見てその後実際に物件を見にいきますが、見取り図だけではわからない部屋のチェックすべき点を紹介します。まずは見取り図と実際の部屋に違いがないかです。また、防犯の観点から侵入されやすそうな場所や目の付きにくいところがないかなどを確認することです。更に玄関や廊下、ごみ置き場の管理状況も大切です。また隣から話し声やテレビの音が聞こえるようではストレスが溜まってしまうので防音の状態の確認、さらに持っていく場合は大きな家具・家電が入るスペースがあるのか、のちに買うのであればどのくらいのサイズが入るのかメジャーを持ち込んで測っておくことも必要です。

部屋の方角で日光の当たり具合、室温が大きく変わるのでこれもチェックポイントです。これに追加して換気扇がきちんと機能しているかも重要です。日が入らず換気もままならない状態だとカビの発生の原因になりかねません。その他さまざまな設備の取り付け位置、使い勝手もしっかりチェックすることで暮らし始めてから新たな不満が出ることを防ぐことができます。

また初めての部屋探しであればどこを見ればいいかわからず、雰囲気で決めてしまいがちですが、事前にチェックシートのようなものに条件を書き出しておくと、しっかり選ぶことができます。次は周辺環境について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

部屋探しの金銭面

多く人が新生活により今までいた所から引っ越すということがあります。今回は特に東京に引っ越しをする際の部屋探しについて紹介します。東京というと吉祥寺など憧れの町はたくさんありますが、自分の求める条件と照らし合わせて部屋探しをすることが重要です。

シェアハウスまず東京で一人暮らしするのに物件を見つけて契約するには敷金、礼金や手数料などおよそ36万円かかると言われています。物件によっては敷金、礼金がかからずに契約できるところもありますが、部屋の清掃代や消毒費用がかかったり、保証料が高かったりすることがあるので契約する前にしっかり確認することが重要です。また、家具・家電を引っ越し業者に委託して地方から運ぶ場合はさらに出費がかさむので注意してください。

安く生活をしたい方にはシェアハウスという選択肢もあります。今では家具がついてさらに敷金、礼金不要、保証人も不要というところもあり、初期資金が少ない方でも入居しやすくなっています。共同生活をすることになるので様々な人と交流を持てる一方、人が多いことでトラブルになりやすい一面もあります。また人と交流を持つのが苦手な人には向きません。

家賃の安さは部屋選びにおいて重要な点ですが、安さだけを求めているといざ暮らし始めた時に周りの環境が悪かったり、生活が不便だったりして、結果新しい物件に移り住むことになり、出費がさらに多くなってしまうことがあるのでしっかり下調べが必要です。

参照サイト – DK HOUSE

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket